正社員と同じ仕事をしているにもかかわらず、手当や休暇など労働条件に差をつけられているのは納得できないと、12名(東日本3名、西日本9名)の郵政期間雇用社員がその格差是正を求め裁判に立ち上がりました。
 昨年4月に施行された労働契約法20条は期間の定めのあることによる不合理な労働条件の格差を禁止しています。この裁判は、労契法20条を活用し、手当や休暇について合理性のない格差の是正を求め、また、正社員就業規則等の適用を求めた裁判です。この郵政20条裁判は、郵政期間雇用社員の格差の是正にとどまらず、2000万人にも及ぶ非正規労働者の均等待遇実現に大きな影響を与える裁判です。
 私たちは、裁判勝利に向けともにたたかう「労働契約法20条裁判をたたかう郵政原告団を支える会」(郵政20条裁判を支える会)を結成し、取り組みをすすめています。

お知らせtopics

  2014年11月30日 東京・南青山会館
  「郵政20条裁判を支える会」結成総会開催
   ●200名が結集し成功裏に結成総会が開催されました

  


   西日本20条裁判(進行協議 傍聴はできません)


    日 時:2016年11月30日(水)
    場 所:大阪地方裁判所

    東日本20条裁判第15回口頭弁論
    傍聴支援をお願いいたします
     日 時:2016年11月7日(木) 10時30分〜
        場 所:東京地方裁判所 527号法定


  郵政労働者ユニオン労働契約法20条裁判闘争本部機関紙
   ★機関紙第1号(2015年1月26日)
   ★機関紙号外 (2015年3月19日)


    

  会員の皆さんへのメールアドレス連絡のお願い
   「支える会ニュース」等について、メール配信させていただくことにしております。
  会員の皆さんの中でメールアドレス未通知の方は是非アドレスの連絡をよろしくお願
  いいたします。

新着情報news


     NEW2016年10月
     「支える会ニュース」第9号

    集会案内2016年11月6日(日) 14時〜
             「労契法20条裁判の勝利をめざす交流集会」
 
   
    

労働契約法20条裁判をたたかう
郵政原告団を支える会

    〒170-0012
    東京都豊島区上池袋2-34-2

    TEL 03-5974-0816
 E-mail sasaerukai@20jyosaiban.net


文章を入力してください






































「支える会」へのメール送信